CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
∞∞∞∞∞∞∞∞
 
Pagerankページランクブログペット
 
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ウティの妹のん
 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS

内博貴に必死な人のブログ。
ただいま長期休暇中。
<< バーチャルな男前たち | main | どんないくつもの言葉よりも >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
浪花カフェ『男前』 Episode 04 後編
意外と男前カフェを待っててくださる方々がいてビックリしました!
ってことでこの前の花火大会の続きです(´エ`)
あの、長いです、無駄に!!!
長いし



正直羨ましい!




コイツ羨まし過ぎる!!!チキショー!
8人と花火大会なので
代わる代わる忙しい感じ。
いいなーいいなーいいなー。


今回は
笑いあり、胸キュンあり、涙あり、感動ありの
夏の最大長編でございます。


あたしからの残暑お見舞いです(^ω^)^ω^)ω^)^)





ホント長くなっちゃったので
時間ある時にお読みくださいませ。

Episode 04 後編
↓↓↓










「しーぶやーん♪」
「おまえらーおっそいねん!何をちんたら・・・」

浴衣姿の○○を見てビックリするすばる。

「・・・・・誰か思うた」
「やっぱ変?変かな?似合わないかな!?」
「そんなこと言うてへんやんけ!」
「◯◯ー。すばるくん、照れてるだけやで!
可愛くてビックリしてんねん♪」

「え!そうなの!?」
「うるさいぞ!!このサル!ハゲ!!!」
「ハゲてへんやんかー!」
「ハゲたらええねん!!ハゲんねん!」
「えーやめてやー!不吉なこと言わんとって!!」
「行くぞ!ハゲコラ!」
「ハゲてへんて!」

すばるくん。
相変わらず分かりにくい・・・いや、分かりやすいのかな(笑







「おおおー!人ぎょーさんおるなぁ」
「はぐれそうやな」
「おまえらははぐれてもええけどもやな、○○一人にしたらアカンで!!!」
「あはは(あたしよりみんなが自由過ぎるでしょ)」
「あ、たこ焼きー。イカ焼きもあるー。ちょっと買って来てもええ?」
走って行く大倉。
「俺ビール買うて来るわ」
「あ、きみくん、俺も」
ビールを買いに行く横山、錦戸。
「ほんまはぐれそうやなーあいつら」
「あ、チョコバナナ♪」

急に内くんに手を引っ張られた。

「え、内くん!?」
「ごめんごめん。チョコバナナ食べたかってん。
○○も食べるやろ?すいませーん。2本ください」


いつもの笑顔でチョコバナナ屋のおばちゃんにピースサインをする内くん。



て、てゆーか!手!!!手!!!!!!
普通に握ってるんですけどっっっ!

「あら!!!お兄ちゃん男前やからもう1本あげるわー!!!」
「ほんまですか!!ありがとうございます!!!
わーーーーい♪○○1本もろうたでー♪」


うわー。スマイルキラーだな(笑
カッコイイって得だなぁー。


「はい!!!ピンクのあげる♥」
「ありがとう!!チョコバナナとかいつぶりだろー」
「んまっっ!!!うまい!うまいなーっ!な♪」

内くん嬉しそうだなー!

「あっ内くん。口の横、チョコついてる!」
「えーどこどこ?とれたぁー?」
「まだ・・・違う。こっち」
「ん?どこ?」

ちょちょちょちょーーーー!!!
顔近い!!!
近い近い近い近いーーー!!!
近づき過ぎ!!!

「こっちだって!」

いやー無理無理無理無理!!!
顔近っっっっっっっっっ!!!







じっと見つめる内。


「え・・・」



「おーーーーーーい!!!内ーーーー!!!○○ーーーー!!!」
思わず、内と繋いでた手を離す。
「・・・・・・」
「内ー!!!」
「・・・何ー?ここおんで」
「おーおったおった!」
「チョコバナナ買うててん」

ドキドキドキドキドキドキ。

「○○・・・顔真っ赤やで。暑いか?」
「え!!!あ、暑いかも!!!あっついなー」
「浴衣って意外と暑いからなぁ。ほら行くで!
・・・・・・・ああああ!!!内!!!」

「何っ!?ビックリした!」
「チョコついてんで」
内の口のついてるチョコをとる村上。
「・・・ああ。ありがとう」
「ぷっっ・・・」
「何笑うてんのー○○ー。もう」


あービックリした。
内くん、口にチョコつけたまんま急に真面目な顔するんだもん。




「お、戻って来たー。ん?内どうしたん?何怒ってんの?」
「なんでもないー。もともとこーゆー顔や」
「えー何ー!?あっ!あっちにな、いちご飴あったから行かへん?な?な?」

「○○ー。コレ食う?ホタテ」
串に刺さったホタテを差し出す大倉。
「あ、ありがとう」
「はい、あーーーん」
「え、あ、あー・・・あっっつ!」
「わ!!!ごめん!ほんまごめん!焼きたてやってん!!!ごめん!
あー赤くなってるやんー・・・俺最悪やぁ。ごめんー」

「大丈夫大丈夫!」
「ちょ、よく見せて」
両手で◯◯の顔を上げる大倉。
「や、ちょっと!え!大丈夫だよ!」
「大丈夫やないよー冷やさなぁー」
「いや、ホントに・・・」




ボトッ。



「あ」
「あ、ホタテ」
「ああああああ!!!落ちたあああ!!!ホタテーーー!!!」
「何騒いどんねん」
「ホタテー。あーあーあー・・・もう1回買うてくる!!!」(半泣き)
「何しとんねん、あいつ」



ビックリしたー。
ホタテに救われたー。










「あ、金魚すくい」
「やりたいんか?」
「でもあたしヘタクソなんだよねー」
「・・・・ちょ、来い」
「へ?」
「とったるわ」
「いらっしゃい」
「亮ちゃんとれんのー?(笑」
「おまえ今馬鹿にしたやろ。とれたらどーする?」
「どーするって・・・」
「なんかしてくれんの?」
「いえ、特に何も・・・」
「・・・金魚1匹、キス1回やな」
「はい!?意味わかんないよ!!!」
「何が?そのまんまやん」
「そうじゃなくてさ!」
「よっしゃ!気合い入ったわ!!!」
「え、亮ちゃん!!!」
真剣な顔で金魚を狙う錦戸。
タモを水の中にそっと入れて横に動かし手早く金魚をのせる。
「来た!」
簡単に1匹目をすくう。
「すごっ」
「とりあえず1回は確実やな」
「え!!!本当に!?」
「あたりまえやろ。嘘ついてどないすんねん。あと2匹はいけるな」

うっそ!本気?
できるわけないじゃん!!!






もう1度水の中にタモを入れる錦戸。
狙ってる金魚をタモにのせすくおうとした瞬間・・・

「亮ちゃーん♪」





ポン!!






ボチャッッッ!!!






タモもすくった金魚もおわんごと落ちてしまった。


「あれ」
「あ」
「・・・・・・」(呆然)
「あー兄ちゃん終わりやで」


「ご・・・ごめん」
「・・・・・・」(呆然)
「ごめんな?」
「・・・おまえ、邪魔すんなっ!」
「ごめんてー!」
「喧嘩したらアカンでー。はい、金魚。2匹あげるから仲直りしいや」
「あはは!ありがとうございます!」
「・・・なんやねん。ったく」
「ごめん亮ちゃん。そんな真剣にやってると思わんかってん。でもホラ!金魚もろたから!」
「もうええわ」


あー内くんに助けられたー。
亮ちゃんの場合、できないって言っても無理矢理されそうだし。









「よっしゃーこの辺に場所とろかー」
「ここならよく見えそうやね!」
「・・・ん?あ!!!○○浴衣!!!」
「え!!!何!?」
「あ。汚れてるやん」
「うそ!!!どこ!?どこ!?」
「うしろ!裾のとこ。チョコみたいなのついてる」
「・・・俺かな!?わ!ごめん!!!」
「うーちー」
「うっちー」
「ちゃうやろ。さっきぶつかってった子供や。アイス持ってたしな」
「わーヤバイ!どうしよ!」
「ちょっと◯◯来て!」
「えっっっ!!!」
安田に手を引っ張られる。
「ここで待っとって!」
そう言ってトイレに入ってく安田。





「ごめんごめんー」
しゃがみこんで濡らして来たハンカチを
シミの部分にあてる。
「こすったら余計広がるからな。じっとしててな」
「ごめん、ありがとう」
「◯◯楽しんでるー?」
「もちろん!楽しいよ!みんな相変わらずだけどね(笑」
「せやなー。でも◯◯が楽しいなら安心したわ」
「あたしつまんなそうにしてた?」
「そんなことないけど・・・急に行くことになったし・・・
しかも俺らとやし・・・
ほんまは他に一緒に行きたい人おったんちゃう?」

「・・・・・ぷっ」
「え!なになに?」
「ヤスくんはー・・・人のこと気にし過ぎ!
大体さ、あの生活しててどうやって彼氏できんの(笑
みんなのお世話で精一杯だから!」

「そっか(笑 そうやんな。ごめん」
「そういうヤスくんは?楽しんでる?」
「めっちゃ楽しいわ!」
「ホントにぃー?みんなで来てよかったのぉー?」
「・・・ええの!◯◯がおれば楽しいんやから。
ハイ!とれたで!!!」

「あ。ありがとー」
「みんなのとこ戻ろ♪」
「うん」


キレイにとれてる。
ありがとう、ヤスくん。






「お、戻って来たかー!もうちょいで花火始まんでー」



「◯◯ー」
「んー?」
「なんか勝手に浴衣借りてしもうてごめんな。
歩くのとかも大変やのに・・・全然考えてへんかった」

「なんで謝るの!?すっごい嬉しかったよ!」
「ほんま?」
「ほんまほんま♪素敵な夏の想い出ができました!
ありがとうね、マルちゃん!!!」

「・・・・・・・・・グッ!!!」
ちょっと照れるマル。




ヒュルゥゥゥゥゥ〜
バーーーーーーーーン!
バーーーーーーーーン!

「お、来たで来たで来たでーーーー!!!
はっっっはー!!!テンションあがんなー!ッッッッパーーーン!」

「キレイやなー。すごいなー!」
「たまにはええなーこういうのも。悩みとか忘れてまうなぁ」
「おまえ悩んどんのか!悩みなんかあんのか!?」
「アホかー悩みの1つや2つあるわいな。花火見とったら忘れてもうたわー」


ドーーーーーーン!!!
ヒュルゥゥゥゥゥ〜
バーーーーーーーーン!

「花火師さんてすごいなー。こうやってたくさんの人を感動させてんねんで。
すごい職業やわぁ」

「来年もみんなで見たいなぁ。見れるとええなぁ」
「見れるやろ」
「見に来ようやー」
「うん。見に来よう」



ドーーーーーーン!!!
ドーーーーーーン!!!

「俺らは来年も再来年も変わらへん」



すばるくん・・・
あたしも来年もみんなと見たいなって思ったけど口に出さなかった。










「いやー花火凄かったなぁ」
「ほんま!来てよかったわー」
「あー!!!あれ食うてへん!!!」
「まだ食うんかいな」
「あーーー!!!また俺の焼きそばないやんか!」
内を指差す亮。
「内!!!おまえナンボ俺の食うねん!」
「みんなの焼きそばかと思うて・・・横山くんまだ食べるん?」
横山のお腹を見る内。
「う、ち!おまっ!ちょっとシュッとした顔してるからって!」
「そんなつもりやないけど」
「シャクレてるだけや」
「シャクレてへんわ!」



「わ!すばるくん!?」
ドラえもんのお面をつけてるすばる。
「ぼーぐードーラーえーもーんー。
のーびーだーぐーん・・・・・おい。安田!のび太!はよ!!!」

「ええええ!!!ど、ドラえもぉ〜ん」
「・・・・・・・・」
お面をとるすばる。
「・・・・・・なんやねんそれぇー。
おまえのび太として恥ずかしいぞ!!!」

「わ、わからへんねんもん!ドラえもーん!!!」
「俺はドラえもんちゃうわ!何言うてんねん!!!」
「ええーーーー!!!何それーーー!!!」





みんな本当にどこ行ってもうるさい・・・じゃなくてにぎやかだなー(笑



みんなと花火見れて本当によかった。















翌朝。




「ふああああ・・・あれ、マルちゃん。どうしたの?」
「おー!おはよー!!!できたでー!!!」
「え!?何!?」
「新しいデザートや♪」
「もうできたの!?」
「なんかなぁー昨日花火見ていろいろ浮かんでん♪」
「本当に!?」
「みんなに楽しんでもらえるデザート・・・のつもりやってんけど、まずは◯◯に食べてほしいねん」
「いいの?」
「おう!
このアイスにこの南国フルーツのソースかけて・・・・
花火みたいに、食べて元気出るし、楽しくなれるはずや♪」

「すごい!見た目もすっごいカラフルで楽しいね!
いただきまーす♪」

「・・・・どう?」
「わ!」
「ど、どう?」
「・・・・・・グッ!!!美味しい!!!」
「ほんまっっっ!?」














Episode 05につづく












終わり方微妙?
無理矢理過ぎたかも・・・って思ったけど許してください(笑
なんか考えれば考える程、延々と漫才してんだもん!!!あたしの頭ん中で!!!
フェロモン系の3人に危なく引っかかりそうだったのと
山田の優しさにキュンってしたのと
三馬鹿の漫才っぷりに笑わされるっていう
お馴染みのパターンでスイマセン!

しかも無駄に信ちゃんに『はぐれ』と言わせたかった(爆


そして関ジャニ∞は来年も再来年も変わらず8人ってことも言いたかったわけであります!
すばちゃんの言葉に感動ー(´;ω;`)





いやいや、しかし長かったな!
次は誰なんでしょう。
あたしもわかんねぇ!


ジャニーズブログランキング
| 妄想のお話 | 01:54 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:54 | - | - |
感想でぇす(≧ω≦)/
まずね最初に言いたいのはありきたりなんだけど・・・・・・・・・
すごく面白かった!!
書籍化してもいいくらい良かった!ときめいた!
内くんとか亮ちゃんにはドキドキしたし山田コンビは可愛いしG麓は相変わらずな様子だけど(笑)すばるくんはキメるとこキメてかっこよかったよ☆
それぞれの萌えポイントをついてて生かしててナイスだと思います(≧∀≦)

たちょ担の私にとって萌えたのはホタテで火傷した主人公の顔をたちょが両手で優しく包み込む所かなり良かったよ〜vv
「冷やさな!」って言って顔持ち上げて「キャー!」って興奮したからね(笑)

∞ファン皆萌えるよ+゜書籍にしたらロングセラーだよ+゜最高でした・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆・:

長く語ってごめん(汗)
楽しかったよ〜続編お待ちしてます(*⌒▽⌒*)
| 百合 | 2007/08/28 5:33 PM |
後編も楽しかったです♪
ブンさんのおっしゃってた通り、前編でニヤニヤしてた私は後編読んで大変なことになってましたよ_| ̄|○ノシノシ

最後、すばる君の言葉に感動しました(ノ_・。)関ジャニ∞が8人であることはずっと変わらないですもんね☆

次回も楽しみに待ってます♪♪
| ゆかり | 2007/08/28 11:36 PM |
男前カフェ!!
やっぱさすがブンちゃんです。
羨ましすぎて現実逃避が激しくなりそうですけども(笑)
時間できたら、また続きぜひ☆

写真展頑張ってるみたいだね!
忙しいのかな?やっぱ…。
前に写真くださいって言ってた自分を思い出したんだけど…(笑)
本気でほしいとおもったので、
ブンちゃんがよければほしいです!
| さくら | 2007/08/29 8:21 PM |









http://ayabun1020.jugem.jp/trackback/462