CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
∞∞∞∞∞∞∞∞
 
Pagerankページランクブログペット
 
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ウティの妹のん
 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS

内博貴に必死な人のブログ。
ただいま長期休暇中。
<< スカイブルーのマフラー | main | 全部ひっくるめて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
さようならの後も
さぁ。
最近の妄想ネタを読んでくれてる方ならわかると思いますが
ディズニーシー妄想からまだまだ話が続いてるんです、支部内では。
1ヶ月以上もこの話で盛り上がってるうちらは










大馬鹿野郎です(ざっつらーい





ま、自己申告したから苦情は来ないと思うけど♥



ディズニーシー⇒亮ちゃんに無理矢理チューをうっちゃんに見られる⇒亮ちゃんに告られる⇒みんなでお好み焼き行った時に小山が口滑らせてうっちゃんに全部バレる




で、今距離おいてます(´;ω;`)
理由はうっちゃんが「考えたいことがあるから」だそうです。
あんまり重たいと思われたくないあたしは嫌だけど素直に受け入れてます。
でも、考えました。
内亮の仲はこのまま戻らないのかと。
二人がこのままなのは本当に嫌です。
何よりも二人で仲良くしててほしいってのがあたしの願いです。


というわけで前から
今週末に智久とりぃを仲直りさせるべく内が温泉に行こうと言っていたのですが
その温泉でうっちゃんに別れを告げたいと思っております(´;ω;`)

大好きだけど
内亮の仲が戻るためなら自分の気持ちはどーだっていいんです。
そのくらいの覚悟です。






けなげだわー(爆

↑けなげな自分に萌え(爆(爆




あ、ここまで読んでくだらないって思った人は続き読まないでね(笑








とゆーわけで、温泉での別れのやりとりです。



みんなが大広間で夜ご飯を食べてる時に
部屋に内を呼び出した。

「うっちゃん」
「んー?」
「あのね・・・」
「なにぃ?」
「・・・」
「ん?」
「・・・別れよう」
「・・・は?」
「別れたい・・・です」
「は?意味わからん。どーゆーこと?」
「・・・」
下向いたまま内の顔見れず。
「なぁ。なんで下向いてん?」
涙がポタポタ落ちる。
「ごめん」
「いや、謝るとこちゃうやろ。
なぁなんで?亮ちゃんのこと好きになったん?」

下向いたまま首をブンブン振る。
「違う。それは違うよ!」
「やったら・・・なんで・・・」
何も言えず首を横に振り続ける。
涙が止まらない。

「俺のこと嫌いになった?」
「・・・」
「そうなん?」
「・・・」
「嘘や」
「・・・」
「絶対嘘や。じゃあなんで顔見ぃひんねん。
顔上げろや!」

両手で顔を自分の方に向ける。
内と目が合う。
涙が止まらない。
「なんで泣いてんねん・・・なぁ?」
「泣いてないー!!」
「めっちゃ泣いてるよぉー」
手で一生懸命涙を拭いてあげる内。
「うー」
「なぁー嘘やろ?なぁ?」
内抱きしめる。
内の胸を精一杯押し返す。
「嘘じゃないってば!!!もううっちゃんのこと好きじゃないの!」
「・・・ほんまに言うてんの?」
「本当だよ。」
「俺の目見て言えるか?」
涙をこらえて内を見つめる。
「うっちゃんのこと好きじゃない」
「・・・」
「ごめんなさい」











はい。
別れ話はここまででした。
そんでお別れするつもりだったんですけど
りぃさんからあまりにも切な過ぎるとの苦情が来て
「おまえら別れるなら智久と別れるわ!!!」と脅され(爆
焦ったので、すぐ仲直りの設定を考えました(^ω^;)(;^ω^)
さっきの場面の続きです。










「信じへん。俺は好きや。それでも大好きや。
ほんまに、ほんまに嫌いになったん?」

内の悲しそうな顔を見てまた涙が溢れてくる。
「嫌いなん?」
堪えきれず首を横に振る。
「うぅー」
内抱きしめる。
「もぉー。なんでそんなこと言うん?」
「うっ。ごめんなさ・・」
「どないしてん?」
「亮ちゃんと・・・仲悪くなってほしく・・・なかった」
内きょとーん。
「あははははははははは!!!」
「なんで笑うの!?(怒」
「あ、ごめん(笑
俺と亮ちゃんのこと心配してん?」

「そうだよ!!!!!!」
「あはは!大丈夫やって!!!そんなんで壊れる仲ちゃうから!」
「ホント?」
「ほんまやって!なんやーもうビックリしたぁ。
ほんまに嫌われたか思うたし・・・」

「・・・んなわけないじゃん」
「んー?」
「大好きに決まってんじゃん!!!うわああああん!!!」
安心して大泣き。
「わわわ!もう泣かんといてよー。
俺めっちゃ泣かしてるよなぁ。不安にさせてごめんなぁ。」

「うっちゃん悪くないじゃん!!!なんで謝んの!?」
「え!なんで怒ってんの?」
「怒ってないしいいい!うわあああああん!!!」
「ハイハイ(笑 ティッシュティッシュ!
鼻かんで!!!はいチーン♥」

ブーーーーーーッッッ
「子供扱いしてー(怒」
「あはははは!ほんまや〜♪」
「もー!!!」
「ほな、みんなんとこ戻ろ♥」

手を差し出す内。














というわけで
好きなのに別れを切り出すという切ない状況に勝手に萌え
うっちゃんのココロの広さと優しさに萌え
結局仲直りしたのでした。






ちなみにこの温泉妄想にはいろんなサイドストーリーがあるんですけど・・・
文章化していいものか否か(笑





では寝ますー(^ω^)^ω^)ω^)^)


ジャニーズブログランキング
| 妄想のお話 | 03:40 | comments(9) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:40 | - | - |
好きなのに別れるー!!
彼を思って別れるー!!
甘くほろ苦いね( ´Å`)
(題名にかけてみた笑♪)
そんなブンちゃんが好きだったり??
けなげーーー!!!!

そしてそのあとの内さん…
「はいチーン」が好きです(*´д`*)

またの妄想お待ちしてます笑!!
| あずさ | 2007/04/03 10:35 AM |
こんにちは☆百合です☆この前は初メールありがとう!本当に嬉しかったよこれからもまたメールするね♪でも日記にコメントを書くのも大好きだから両方こなせるように頑張ります(笑)

ブンさんの妄想話素敵です(≧∀≦)もうブンさんのお話本にならないかしらって思うもの+゚ちなみに浪花カフェのお話も大好きで画面メモして楽しく読んでますΣd(≧ω≦)
多才なブンさんに大変憧れちゃう百合でした+゚
| 百合 | 2007/04/03 1:03 PM |
こんにちは!!璃子です☆★
また遊びに来させてもらいました。
コメントのお返事ありがとうございます!!

今回の妄想も素敵ですね♪
切なくて萌えです(*´д`*)
でも仲直りできてよかったですねぇ!!
内クンの優しさにさらに萌えです(*´д`*)
ってかこの温泉妄想のいろんなサイドストーリーもぜひ文章化してください!!

では、また来ます☆
| 璃子 | 2007/04/03 4:41 PM |
こんばんは♪
初めの切ないですね〜
スキなのに、相手のために…
きゅん(*´д`*)
でした!!!
ブンさんの妄想大スキです♪
では☆
| みずき | 2007/04/03 7:29 PM |
ブンちゃーーーん(o´Д`o)久しぶり♪

切ない、切ないよブンちゃん!!
思わず感情移入しちゃったじゃん(笑
でも、うっちゃんいい人だーーーステキ☆
内くんとブンちゃんの幸せを祈りつつ見守ってますー(´∀`)ノ
| いく | 2007/04/04 12:02 AM |
切ない!!前半が切な過ぎます、ブンちゃん!!!
読んでるだけでうるうるしてしまいました(´;ω;`)
好きなのに別れようとするなんてそんな辛いことを!!
仲直りできて良かったですww
ブンちゃんの妄想はリアルで大好きです♪

サイドストーリーも是非読んでみたいです(o´∀`o)
| 紀沙 | 2007/04/04 10:20 AM |
お久しぶーん!!!(?

うっちゃんいいねぇ!いいねぇ!
切なく甘いなぁ♪
うっちゃんにぎゅーってされたいね!うん!(笑

日曜日にまたNEWSコン行ってきましたー!!
ブンちゃん風げしおが近かったー!!
半径1メートル以内にシゲさんが来てくれた!
きゅんきゅんしてもうダメです、あたい。(笑

…亮ちゃんごめん。(爆
| | 2007/04/04 2:30 PM |
お久しぶりです、葵です!
覚えてますかね?(笑)

これを読んで一人でニヤけてました・・!

もう胸がはちきれそうです・・これが恋なんですね♪(笑)

「なぁー嘘やろう?なぁ?」って言って抱きしめる
うっちゃんとか、想像しただけで・・v

ブンさんの妄想、本当に大好きですv(●´∀`●)

サイドストーリーも是非読みたいです♪
よろしくお願いします!!









| | 2007/04/04 5:57 PM |
切ないー!かなり切ないですー(((゜Д゜;;)))
サイドストーリーがかなり気になります〜。
| ますみ | 2007/04/04 10:22 PM |









http://ayabun1020.jugem.jp/trackback/387