CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
∞∞∞∞∞∞∞∞
 
Pagerankページランクブログペット
 
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ウティの妹のん
 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS

内博貴に必死な人のブログ。
ただいま長期休暇中。
<< やじるしぇ〜やじるしぇ〜 | main | あなたじゃないねや。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
浪花カフェ『男前』 Episode 01
SAY!!妄想!!!
SAY!!妄想!!!



りぃに妄想女王と名付けられたブンですけどもーちなみにえりりんには妄想師匠って言われたからね(爆
ってことで男前カフェEpisode 01ですけども。
細かすぎたり急に展開早くなったりで、ちょっと読みにくいかと思いますけど
まぁ夢物語ですわ、ホント。
こんなお店あったら働きたーい(●´∀`●)
アイツら独り占めしたーい(●´∀`●)





ちなみに主人公の女の子は読んでる皆さんなので
年齢の設定は特にないっす。
まぁ大体内博貴〜横山裕くらいまでの間が妥当かと思われます(適当(爆





ハイ。ではでは
Episode 01↓↓











「よーし!◯◯ちゃん!!!行くで」
「あ、はい!」

安田くんに連れられて
スタッフルームと呼ばれる部屋の隣の部屋に移動した。

「俺らはいつもさっきの部屋で休むんやけどな。
やっぱ女の子やん?着替える時とかこっちの部屋使うて!で、これ」


いすの上にTシャツとエプロンが置いてある。

「一応この店の制服のようなもん!」
「・・・カワイイ」
「やろぉ!?俺デザインしたんやで!」

あ。安田くん嬉しそう。
首かしげて笑ってる(笑

「こーゆーの得意なんですか???」
「んー・・・ていうか好きなんやな、作ったりデザインしたりすんの。
やから、うちの店入ってへん時、駅裏の古着屋で働いてんねん」

「かけもちですか?」
「かなぁ。でも好きなことやしな!将来は自分の店出したいなぁって」

なんかすっごい楽しそうに話すなぁ。

「あ!なんでこんなことベラベラ喋ってんのやろ。ごめんなぁ」
「すごいかっこいいです!夢があって!」
「ホンマに!?あはは!ありがとうー♪
あっっ時間ないな!ごめんな!とりあずTシャツに着替えてお店出てきてや!待ってるから」

「はい!!」


虹が描いてあるTシャツ。
人なつっこい笑顔。
なんか女の子みたいだなーホント。
かわいい人だなー。












「あ、来た来た♪やっぱ◯◯ちゃんその色似合うなぁ」
「そう・・・ですかね」

ちょっと照れくさい。

「あー!!!ホンマや!似合うねぇ〜その色!
やすねーこないだの面接で◯◯ちゃん見て、その色のTシャツ作ったんやで!!!」

「マメやろ〜コイツ。女みたいやねん」
「だって似合う色着てもらいたいやん!?」
「プッ・・・」
「プッて!!噴き出さんでよぉ〜もう!!」

いやいやホント女の子よりマメだよ、それ(笑
とは言えないけど・・・

「よし。まず夕方は5時オープンやから、30分前には着替え終わってホールに来てな。
で、表に出す夜のメニュー用の黒板があんねん。そのメニューをキッチンにいる亮に聞く」


ん?亮???
・・・・あ。あのバンダナの人か。
しっかりした顔立ちの人だな。

「準備終わったみたいやし、今聞いてきてええよ」



うーん。
この人なんかちょっと怖いんだよなぁ。
さっきも目合わせてくれなかった気するもん。



「あのぅー」
「ん?」
「今日のメニュー教えてもらっていいですか」
「ああ。んー・・・」

やっぱ目合わせてくれない。
鼻かいてるし・・・。
怒ってんのかな。

「ガーリックライス、オムそば、男前サラダ」
「・・・男前サラダ?」
「なんやねん」

わわわ。ちょっと怒ってる!?

「い、いや!その、何・・・入ってるのかなぁと」

怒ってる?

「・・・後で作ったるわ」
「ホントですか!?」
「おぅ」
「やったー♪」
「変な女(笑」

なんだ。
意外と優しい人だった!
今の人が・・・亮さん。亮さん。







「◯◯ちゃんなら大丈夫やと思うけど、笑顔で『いらっしゃいませ』『ありがとうございました』これが基本やから。
うちの店、ほとんど若いお客さんが多いけど
たまーに酔っぱらったおっちゃんとか来るから
そういう時だけ気をつけてな」

「はい」



とりあえず1日目はメニューを覚えながら注文をとるところからスタートした。
そしてお酒と料理運び。
ほとんどの料理を亮さんが作ってるってのもビックリしたけどそのメニューの数も半端ない!
覚えるまで時間かかりそうだけど、頑張らなきゃ。




えっとこの料理どこだっけ。
てかコレなんだっけ。

「それ、1番奥の女性2人んとこやで。エビとカシューナッツのマヨネーズ和え」
「うわ!!」
「うわ!!!」

後ろにいると思わなかったからビックリした。
しかもなんで考えてることわかったんだ?

「あー『うわ!!』にビックリしたわ」
「あ、ごめんなさい。ありがとうございます」


あービックリしたビックリした!
えっと奥の女性2人と。


「お待たせしました、こちらエビと・・・」
「あれぇ〜新人さん?」
「あ、ハイ。今日入ったばっかりです」
「うっそ!女の子なんか雇うんやなぁ」
「それやったらあたしも働きたいわ!」
「うちやすくんと働きたーい!」
「えーあたし大倉くん!ええなぁええなぁー羨ましいわぁ」
「はぁ」

なんだよコイツら・・・

「ねぇねぇ誰が好みなん?てか誰狙いで入ったん?」
「は・・・はい?」
「もしかして全員?見かけによらへんなぁ!きゃはは」

頑張れ自分。
怒るな自分。

「てか狙ってんのバレバレやん」

こ、このバ・・

「お客様申し訳ございません。◯◯が何か?」

安田くん!?

「今日入ったばかりでして、まだ慣れない点はございますが、もし何か失礼があったのなら上の者に・・・」
「いやそういうわけじゃ・・・」
「失礼しました」










さっきまで厳しい表情だったのに急に笑顔になった。

「気にせんでええよ。あーゆー客もおんねん。たまにやけどな。
特に今まで女の子おらへんかったから尚更や。
でも大丈夫やで。なんかあっても俺らがちゃんと◯◯ちゃんフォローするから」

「あ、ありがとうございます」

すっごい笑顔。
なんか安心した。







深夜1時。
お客さんも帰り、お店も閉めて、後片付け。
あれから残りの時間
メニュー覚えたり料理運ぶのに必死であっというまに1日目終わっちゃった。


「◯◯ちゃん、お疲れ。どやった?1日目」
「教えてもらいながら・・・なんとか」
「やす何言うてるかわからんやろ?」
「そ、そんなことないです」
「でも見てる限り大丈夫そうやな。明日も頑張ってな。お疲れさん!」
「お疲れ様でした」




あーホントに疲れた。
なんてゆーか女の人の視線が痛かったってのが1番疲れた理由かも(笑


あ、安田くんだ。

「安田くん!今日はありがとうございました。いろいろ教えていただいて」
「あー◯◯ちゃんお疲れ♪もー仕事できるやん!
俺教えんでもええやんかぁ」

「いや!!!それは困ります!!!もっと教えていただかないと・・・」
「あはは!◯◯ちゃん!!!もう敬語使わんでええって!よそよそしいのイヤやねん。
章大でええし!普通に喋ってや」

「あ、ハイ・・・あ!」
「もー『うん』やで?」
「う、うん」
「よっしゃ♪ほんならみんな寮のほうに戻ってるから帰るかぁ〜」
「うん!!」


安田くん・・・
じゃなくて章大くん。
女の子みたいって思ったけど
やっぱり男の子だなー。
今日はたくさん助けてもらっちゃった。




「ただいまー」
「おまえら!何イチャついとんねん!仲良く帰ってくんな!!!」
「うわ!やす!!きしょ!!!おまえこそいらんこと教えんでええねん!」
「いや、別に場所わからへんかなって思って一緒に来たやけやし・・・」
「さぶ!!!そんなん知ってるわ!!真面目に返すな!!俺がつまらんみたいやろ!」
「お腹すいたぁ」
「さっき作ってやったやん?」
「やっさん遅いから消化してもうたわぁ」
「俺のせい!?」
「うっちー寝ちゃうから早く始めようやー。えーてか寝てますやん!うっちー!!!うっちー!!!」
「内!!起きろ。◯◯ちゃん帰って来たで」
「ん〜。あー寝てへんわぁ」
「めっちゃウトウトしてたやん!」


やっぱ寮でもうるさいんだ(笑









「え?始めるって?」
「明日お店定休日やからな!◯◯ちゃんの歓迎会や!!」



















Episode 02につづく。







あ、なんか大丈夫?コレ(笑
とりあえず今回は安田くんメインに書いたけど
ちゃんと書けてるのか?
まぁ章大の可愛さと男らしさをどっちも出したかったんで無理くりな展開になっちゃったけど・・・
身近な章大担に感想聞いてみようっと(●´∀`●)
それとTシャツの色はみなさんの担当さんの色に近い色でもいいですし
そこは自分に似合う色を着てください。
それを章大が作ってくれたってことで(超適当(爆
ではでは02をお楽しみに〜♪
下手くそな文章ですんませーん!



妄想女王ばぁ〜いパー
| 妄想のお話 | 23:57 | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:57 | - | - |
もう…就職します!!
永久就職!!

いやぁこんなカフェあったら最高に幸せだよ?
お客さんに言われてもかばってもらえるなんて…
いいなぁーーーーヽ(*´∀`)ノ
ブンちゃんの読んだら自分がなった気分になったよー!!

いいなー…浪花カフェ!!!!!!!!!!
| あずさ | 2006/10/15 5:53 AM |
ブンちゃぁん!!あたしも男前カフェで働きたいよぉ(≧∀≦)

時給何円っすか!?

詳細キボンヌ笑
| かよこ | 2006/10/15 10:47 AM |
タグおおきに!!思う存分使わせてもらうわ(笑

浪花カフェ!!働きてぇぇ(*ノv`//)
○○のところを自分の名前に置き換えてよんでるわ(ぶh
妄想ふくらむーーーー*愛q◎'U`+)*゜
次も楽しみにしてるよン゜*.(回'v`从'v`◎).*゜
| なーさん | 2006/10/15 12:19 PM |
ぷきゃー!!
またばぁ〜いパクられた(笑)!2回目!2回目!
いってきま〜さもっ(笑)
ばぁい=『帰ってきた吾輩はシゲである 其の壱』の猫さんなのよ〜ん(=´ェ`=)

ブンさん☆私も字大きくするの使わせてもらいま〜さ♪
字もっと大きくなんないのかな〜と思ってたの!
ためしにやってみたらなりました!ありがとうっ☆

今回はあっきん主人公設定で読んだえりりんだよ〜☆
エビとカシューナッツのマヨネーズ和えがめっちゃ美味そう(*´▽`*)
亮ちゃんすごいな!!
そんな小難しいの噛まないで言えてる内くん萌え♪
裕ちんだったら。。。(´▽`;)

ばいび(=・ェ・=)ノ(『帰ってきた〜 其の弐』より)
| えりりん | 2006/10/15 7:09 PM |
初めましてぇー!!
こんにちはっ(○*′▽`w)))
あの‥……
ブンちゃんさん大好きデスゥゥ!!!!!!!!笑笑笑
わたくしも内ヲタなので‥へっへっ(キモ笑)
いつもブンさんのブログ読んでると萌えーってなっちゃってます♪♪笑笑
泣いちゃう時もあるんデスけどぉ...(*p′_`q)
皆でうっちぃ待ちましょうネ(′∀`●)
妄想も最強でしたぁ!!
続きが気になるっスわぁ♪♪笑笑
これからも見に来まっす(゜▽゜)
頑張って下さい♪♪♪
長文ごめんなさい(′_`;)
| あゆみ | 2006/10/15 9:44 PM |
働きます。

面接お願いします。
履歴書持っていきますんで!!(爆)
| 亮唯 | 2006/10/15 9:48 PM |
妄想女王名付け親のりぃですけどもぉ〜。

日々あなたからの電話でギャーギャー騒ぐりぃですけども(笑)だってさ、だってさ、せっかくの信五熱ドンドン上がりっぱなし!!!!!!!!!!
信五メインの日にはりぃが主役でぇ〜!!!!!!!!
あ。主役りぃじゃないねやぁ〜(T_T)

02はよかけぇ〜!!!!!!早く信五!!!!信五はえ〜!!!!!
| りぃ | 2006/10/16 1:22 AM |









http://ayabun1020.jugem.jp/trackback/254